接続されたブラウザーではサービスの円滑利用ができない場合があります。 安定的なサービスをご利用いただくため、下記のブラウザーをご利用ください。

VintageCity VintageCity VintageCity

アプリを開く
ショップ紹介

【高円寺 curb】集めに集めたStüssy(ステューシー)が目白押し、レアものが揃う話題のお店 – 古着屋オーナーの"First" Vintage vol.47 –

7ヶ月前閲覧 613

今回ご紹介するのは東京、杉並区高円寺に2023年7月にオープンした 古着屋【curb】(カーブ)です。

なんと言ってもこのお店はStüssyをたくさん取り揃えているお店として話題です!!! Old Stüssyと呼ばれる1980年代後半から1990年代半ばぐらいまでのブランド初期アイテムや限定商品なども取り揃え、マニアも注目のお店です。

― 上村さんの"First" Vintageを教えてください!

― 最初に購入した古着は・・・【Dickiesのダブルニーワークパンツ】

はじめて買った古着はDickiesのダブルニーワークパンツだったと思います。 今はもう持っていないし、どこのお店で、いつ買ったというのは覚えていないのですが、 高校の頃、下北沢で買ったのだと思います。 その頃はスケボーをするための服としてアイテム選びをしていたような気がします。 古着が好きになったきっかけはTシャツだったと思います。

バンドTシャツとかはあまり着なかったのですが、スケートブランド、裏原系、アート系のTシャツは探してよく買っていました。1990年代のものが多かったですね。

※画像はイメージです

※写真は上村さんの私物ではなくcurbで取り扱っているアート系のT シャツ。ゴッホなどの絵柄が陳列されている。

― 店名curbの由来、お店をオープンさせた経緯を教えてください。

Curbというのは縁石の意味なのですが、自分はもともとスケボーをやっていてみんなで集まって縁石に座って話したりという。 “溜まり場“のような場所を作りたくてCurbという店名にしました。 最初は2022年の4月にオンラインの古着屋としてオープンし、今年の7月に実店舗をオープンさせました。

― 圧倒的なStüssyの古着の物量なのですが、お店を作る前からコンセプトとして決めていたのでしょうか?

実店舗オープンのときに自分のOld Stüssyのコレクションも合わせて多く取り扱ったところ、反響が大きかったので、軸として揃えていこうと考えました。そのほかA BATHING APE®やGOODENOUGHなど裏原系のブランドもありますし、CarharttやRalph Laurenといった古着も幅広く品揃えしています。 あとはアート系のTシャツの珍しいものも買い付けるようにしています。

― お店の特徴やこだわりを教えてください。

アイテム的にはOld Stüssyの品揃えが多いというのが特徴ですね。 お店の内装ですが、元々あった床と天井を外して空間を広くしてスケルトン物件にし、1から考えていった感じでした。 2段ラック、スクエアテーブル、天井にも服がかけられるようにラックをつけました。ストリートな雰囲気を大切に無機質なテイストで作りました。

―上村さんからみてStüssyの魅力はなんですか?

1980年代後半からずっと第一線の人気ブランドで、デザイン力はもちろんのこと、同じデザインのものが何度も復刻している中、それでもオリジナルが欲しいというコレクター性の高いところや、年代を問わないところも魅力だと思います。

― 客層、年齢層を教えてください。

若い方だと高校生、40代・50代の方も幅広くいらっしゃいます。 男性が多く、ストリートっぽいファッションのお客様が多い印象ですが、サイズは小さいものから仕入れているので、小柄な方や、女性の方でも着られるアイテムを取り扱っています。

―どのような接客を心がけていますか?

接客というか、お客さんと仲良くなることが多いので自ら話しかけていますね。同世代の方も多いので、買ってもらうための接客ではなく、人の輪が広がればと思っています。

―秋冬でおすすめのアイテムはありますか?

秋冬というか、まずすごいTシャツからご紹介したいのですが、ONEITAボディーのStüssyのTシャツ(左)になりますが、1980年代後半の頃のものになります。グラフィックにはショーンフォントが使われています。

Stüssyには数々のアイコン的な存在のグラフィックがあるのですが、このシャドーマンというモチーフも最初期からあるグラフィックです。(右)

“N°4”と書かれたグラフィックも有名です。 某ラグジュアリーブランドの香水がモチーフで、このグラフィックは1990年代からあるのですが、このアイテムは2000年代のものです。

(右は)1990年代半ばのもので、ハイネックになったフーディーです。このデザインはStüssy 以外にもGOODENOUGHなどからもリリースされていたので、この時代の流行りだったのだと思います。

シンプルなスナップカーディガンも1990年代からあるアイテムですが、このアイテムは2000年代のものです。この年代のアイテムは大きめがトレンドだったのでサイズが大きめに作られているのも当時の特徴です。

Stüssyといえばミリタリーモチーフのアウターを2000年代初期の頃に頻繁にリリースしていたのですが、このアイテムもその時代のものでB-15フライトジャケットがモチーフのアイテムです。

もう1つStüssyのアイコン的なモチーフでモノグラム柄というものと、ダウンシャツというアイテムがあるのですが、このアイテムはその2つが合わさったアイテムです。

最後に特別感のあるアイテムをご紹介します。このスタジャンは1998年のものでBIG4と呼ばれ4大都市限定(ニューヨーク、ロンドン、東京、ロサンゼルス)で発売されたアイテムです。

Stüssyを中心に紹介をしてきましたが、他のブランドでおすすめというと、 1990年代のRalph Lauren、フォトグラファージャケットや同じく1990年代のCarharttのアウターです。裏地のネイティブ柄なのが、中々ないと思います。

Old Stüssyは古着のアイテムとして、とても人気ですが、ここまで豊富に取り揃えているお店はかなり珍しいと思います。 Stüssy以外でも、選び抜かれてピックされた商品がセンスよく並べられています。 値段も買いやすい値段のものからラインナップされているので、みなさん是非足を運んでみてください。


■curb

Vintage.City:https://www.instagram.com/curb_koenji/?hl=ja

Instagram:https://www.instagram.com/curb_koenji/

住所:東京都杉並区高円寺南3-55-2 営業時間:平日 14:00~22:00/土日祝 13:00~22:00


Editor:伊藤孝法

ファッション、メンズビューティーを中心に執筆活動をするフリーライター。中目黒のセレクトショップOUTPUTオーナーでもあり、2014年WWDファッショニスタ100人がリコメンド!に参加。北海道でFM番組のパーソナリティーも担当している。

いいね コメント

コメント

コメントがありません。