接続されたブラウザーではサービスの円滑利用ができない場合があります。 安定的なサービスをご利用いただくため、下記のブラウザーをご利用ください。

VintageCity VintageCity VintageCity

アプリを開く
ショップ紹介

古着屋巡り~名古屋・大須 後編~ 全身コーディネートで買ってみたくなる古着屋はここ!

19日前閲覧 273

古着屋巡り~名古屋・大須の前編は、大須でまず最初に訪れて欲しい古着屋を紹介しました。後編では、個性豊かな古着屋をピックアップ。コーディネート上手なオーナーさん・スタッフさんから全身コーデを提案してもらうのがおすすめです!

[目次]

・from john doe

古いラルフローレンを中心に

厳選されたヴィンテージ古着からアメリカ製古着が豊富!

・Sun Lemo.

00年代生まれのオーナーが同世代の若者に発信!

イベントも豊富な新世代の古着屋!

・WEGO大須店

古着デビューにも!

広々とした店内からじっくり探せて良心的な価格の古着に出会える!


古いラルフローレンの世界観をそのまま再現【from john doe(フロムジョン ドゥー)】

「from john doe」は、直接アメリカに買い付けに行き、古いラルフローレンを中心にヴィンテージ古着やアメリカ製古着などを豊富に取り扱っている古着屋。生まれも育ちも名古屋のオーナーの宮﨑さんにお話を伺いました!

ーーfrom john doeのお店の特徴を教えてください!

宮﨑さん:「オールドラルフローレンなどを中心にアメリカ製のヴィンテージ、US企画スニーカーなどを販売しております。ラルフローレンは、2010年頃からタグが変わるのですが、それまでの旧タグのラルフローレンを置いています。単純に、昔のラルフローレンのデザインが好きだったんですよ。」

ーー店内もラルフローレンのようなクラシックな雰囲気がありますね。セレクトショップ並みにきれいです!

宮﨑さん:「お客様からもよくそう言っていただいています。僕が好きだったラルフローレンのお店をイメージしています。マス目になった棚の配置やグリーンの壁、茶色のアンティーク家具などで再現しました。この壁紙もラルフローレンのものなんですよ。」

ーーここまで徹底されているのがすごいです!前職は何をされていたのでしょうか。

宮﨑さん:「古着屋を始めたのは、去年の8月からで、それまでは会社員でした。アパレル歴はなく、趣味で定期的にアメリカ行って買った服をネットで売ったりしていたのを繰り返していて。それで半分古着屋のようなことはしていたのですが、本腰を入れて古着屋をやってみようかと。大須の古着屋は昔からよく行っていたのですが、自分が古着屋を出すならこの通り沿いに出店したかったのでうれしいです。」

店内には、アンティークの小物靴ベラや、US企画の新品のVANSのスニーカー、アメリカ製の革靴等もズラリ。

宮﨑さん:「日本から撤退したJ.Crew等、アメリカでしか手に入らないものだけを厳選しています。古いラルフローレンがメインですが、ブルックスブラザーズ、古いバナナリパブリックが好きでいいのが見つかれば仕入れています。70~90年代の無地のラグランスリーブのスウェットも集めています。すべて状態のいいものに徹底しているのもこだわりです。」

ーーどのようなお客様が来店されますか?

宮﨑さん:「大学生から40代夫婦やカップルで来ることが多いです。女性も買ってくれるというパターンがありますね。口コミでラルフローレンのチノパンや、変わったシャツがたくさん置いてあるよと広がってきているようです。」

ーー春におすすめのアイテムを教えてください!

宮﨑さん:「リネンのシャツです。1枚で着ても成立する織り、色のシャツで、他にも生地にもこだわっ たシャツがオススメです。オックスフォードは無地が多いですがチェックなど一癖あって、質の高いシャツがおすすめ。パリッとして1枚で着てもクタッとならないシャツですね。ラグランスリーブの無地のスウェットとアイボリーの薄目のコットンリネンのチノパンも推したいところです。」

春の買付けは3月14日から一か月程度行く予定とのこと(買い付け期間中も営業中)。どんなものが入ってくるかも楽しみですね!


from john doe

住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-17-27 新美ビル2F

営業時間:12:00 - 20:00

Vintage Cityリンク

https://vintage.city/users/14338


00年代生まれの僕らが同世代の若者に発信する新世代の古着屋【Sun Lemo.(サンレモ)】

高校の同級生3人が大学生の時にサンレモをオープン。当時一番家賃が安いとされたこの物件を選んだのだそう。オーナーの竹尾さんにお話を伺いました!

ーーお店の特徴を教えてください!

竹尾さん:「サンレモは、古着を買ったばかりの人たちが年齢が上がっていくごとに古着をたくさん着るようになり、知識も増えたお客さんと一緒に育っていけるようなお店を目指しています。自分たちもお店を始める前に大須で古着屋巡りをしていましたが、自分たちが今度は古着を売る立場になっているというのも感慨深いものがあります。」

竹尾さん:「初めて古着を買ってみようかなという人が立ち寄りやすい古着屋でもあると思います。価格も控えめで、同世代ならではの等身大のコーディネート提案をさせていただきます。まわりの古着屋は、ひとまわり上の人がオーナーで価格も高めだったりするので、そこは差別化ができるかなと。」

ーーどんな古着を取り扱っていますか?

竹尾さん:「今は80年代のものが多いですが最近では、50年代のものも扱い始めています。自分たちが着たいと思えるものを熱量をもってすすめられるように厳選しています。3人で運営しているのですが僕はアメカジ、もう一人はアウトドアなどそれぞれ古着の系統が異なるので、幅広いジャンルの古着を楽しむことが出来るのも特徴です。」

ーー竹尾さんが最近気になっているのはどんなアイテムですか?

竹尾さん:「丈の短いジャケットですかね。ジャストサイズで着られるようなものを探していました。価格も高いですが、誕生日プレゼントで買ってもらおうかなっていう同世代の人や古着慣れした方が買われていく印象です。」

ーーどのようなお客様が来店されますか?

竹尾さん:「お客さんは10代から25歳くらいまでが多く、男女比は、8:2です。初めて古着を買う人と接客することも多いのですが、POLOなどみんなが知っているブランドや何にでも合わせやすい古着を買われていくことが多いですね。」

ーー店内のこだわりを教えてください。

竹尾さん:「まわりの古着屋さんにアドバイスをいただき、日々改良を続けています。例えば、ラックにかかっているハンガーの量が少なすぎることや、照明の暗さなどを指摘されたり。古着屋さんだとわかるように目立つ外装にしたり看板を変えたりしましたね。大須の周りの古着屋さんには助けられています!」

ーーイベントも豊富ですよね。SNSでは、罰ゲームなど仲のよさも感じます。

竹尾さん:「そうなんです、ちょうど今1週間長靴を履き続けるという罰ゲーム中でして。SNSで楽しくやらせていただいてます!イベントの企画は、みんなでごはんに行ったときなどに、沸いて出てくることが多かったり。雨の日セールや福袋、炊き出しでは豚汁を提供したり。深夜の営業をしてみたり、お寺でやっているアンティークマーケットに出店したり、いろいろです!店舗の運営だけでなく、SNSではさまざまなことにチャレンジしてお客様に楽しんでもらえるようにしています。コーディネートの提案や質問にも答えますのでご意見お待ちしています。」

ーー春のオススメアイテムを教えてください!

竹尾さん:「プリントTシャツです。1枚買っておけばインナーとしても、1枚でも着られるのでロングシーズン着回しができます。合わせやすくて他にないユニークなプリントTシャツをそろえていますので、好きなデザインを探してみてください。」

古着はもちろん、オーナーさん含めた3人のユニークな企画にも注目したい古着屋さんです!同世代ならではの、等身大なコーディネート提案も参考になるのではないでしょうか♪


古着屋SunLemo. 

住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須2-7-46

電話番号:080-6904-0204

営業時間:月火水木金13:00 - 20:00

 土日 12:00〜20:00

定休日:不定休

Vintage Cityリンク

https://vintage.city/users/746347


古着デビューに!人気の古着を良心的なプライスで【WEGO大須店】

WEGO大須店は、名古屋最大級の”古着屋”として2022年にリニューアル。230坪ある100坪ほどを古着にリニューアルしました。大須店の店長である山崎さんにお話しを伺いました!

ーーリニューアル前と比べて来店するお客様は変わりましたか?

山崎さん:「リニューアル前はティーンがメインだったのですが、高校生・大学生の方はもちろん40代の男性のお客さんが増えたのが一番変わった点です。」

ーーWEGO大須店ならではという魅力を教えてください!

山崎さん:「WEGO大須店は、物量と価格に強みを持っています!古着屋として長くやってきた分、価格帯もリーズナブルなので取り入れやすいのではないでしょうか。古着デビューをしたい人におすすめです。またWEGO大須店は、他のWEGOよりもアメカジ古着を多く仕入れています。アメカジ古着が好きな方は、気に入っていただけるのではないでしょうか。」

ーー新品メインの大型店として認知度が高かったゆえに、今まで新品の服を目当てに来てくれたお客様がそのまま古着を手に取りやすいのではないでしょうか。

山崎さん:「そうですね。実際に「周りで古着を着ている人が増えて、自分も欲しくなったのですが、何を買ったらいいですか?」という相談を持ち掛けてくる高校生・大学生のお客様が多いです。」

ーー古着初心者さんには、特にどんなスタイリングが人気があると感じていますか?

山崎さん:「ちょっと前まではストリート古着を着てみたいという人が多かった印象でした。ゴルフナイロンの形をしたプルオーバーに、太いデニムを履いて中にパーカー着て…というスタイリングを提案すると「こういう風に着てみたかった!」という声をよくいただきましたね。最近はカーハートのアウターが欲しいです、とよく言われます。」

ーーすごく具体的で古着が初めての人でも着やすそうなスタイリングですね!カーハートのアウターは、どのように着たらいいのでしょうか?

山崎さん:「個人的には、アメカジ好きなのでアクティブパーカーでもデトロイトジャケットでもカレッジのスウェットにリーバイスのデニムを合わせて、コンバースかブーツを履くオールドスタイルが好きですね。シルエットとしては、ゆったりとしたサイズを選ばず、ジャストサイズで着る80~90年代の渋カジスタイルにもっていくことが多いです。」

ーー山崎さんは昔からアメカジが好きだったのですか?

山崎さん:「そんなこともないのですが、身体が大きいので新品の洋服で似合うものが少なく、アメカジにたどり着いた感じでした。これから古着にチャレンジする人にも、いろいろ着てみて自分に似合う服や服のジャンルを見つけて欲しいですし、そんなお手伝いができたら嬉しいです。」

ーー広々とした店内も入りやすい雰囲気ですね。店内でこだわった点は?

山崎さん:「テック&スポーツ系のアイテムから今、注目度が上がっているラッセルアスレチックをまとめて置いてみたり。ビンテージは奥の雰囲気が違って見えるレイアウトのところに置いて、その近くに親和性の高いアメカジゾーンを作っています。目の引く古着は、天井から吊るして展示しているのも工夫点です。」

ーー古着好きな方は何を見て行かれますか?

山崎さん:「40代くらいの方はヴィンテージアイテムを見に来てくれています。ヴィンテージものに関しては、オシャレな大学生でもミリタリーのフライトジャケットや、チャンピオンのリバースウィーブ、Gジャンなどが売れています。ヴィンテージデビューにもぜひ!」

ーー春のオススメアイテムを教えてください!

山崎さん:「VANSのオールドスクールにダメージジーンズを合わせた、オールドスケーターのノリで着られるようなアイテムをオススメしたいですね。チャンピオンののリバースウィーブよりも、薄手のサイズ感のゆったりとした色の褪せたスウェットを合わせるのがオススメです!」

WEGO大須店は、期間限定セール等を定期的に実施しています。公式インスタグラムで情報をチェックしてみてください♪


WEGO大須店

住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-14-43 アメ横ビル2F

電話番号:052-251-1656

営業時間:12:00 - 19:00

Vintage Cityリンク

https://vintage.city/users/633880

https://www.instagram.com/wego__osu/

大須古着のラインナップの幅広さやオーナーさん、スタッフさんのセンスの良さを感じられる素敵なお店を紹介しました。大須のある名古屋は東京・大阪からのアクセスもよく「ちょっとした旅行先」にもぴったりです。大須の古着街を、次の旅行先に検討してみてはいかがでしょうか!


エディター:桐生奈奈子

Instagram:@happynanako0111

いいね コメント

コメント

コメントがありません。